スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【ゆうゆうLife】障害年金 受給後の結婚・出産にも加算(産経新聞)

 障害年金を受け取っている人が結婚したり、子供を持ったりした場合、現行制度では障害年金に配偶者や子供への加算はつかない。加算対象になるのは、障害年金受給前の結婚や出産のみだ。障害者から「障害があっても子供を産んで育てていこうという気持ちは同じなのに」と不満が上がっているが、受給後の結婚や出産にも加算がつくよう法律が改正された。年金制度では受給後に発生した条件変更には対応しないのが一般的だが、例外的に加算が認められる。(佐藤好美)

 大阪府に住む無職、吉川清子さん(43)=仮名=は10年前、交通事故で乗っていた車が大破した。助かったものの、以来、いろいろなことがうまく回らなくなった。夫の助けが得られず、独力で小学生の娘を育てていたが、仕事が続けられなくなった。パニック障害になって何回も救急車で運ばれ、病院で精神疾患と診断された。それからは精神安定剤やけいれん止めを飲む日々だ。

 何もかもいやになっていたとき、市役所で生活保護を受けるよう勧められた。生活保護を受けることに抵抗があった吉川さんは「体が動かないわけではないから、がんばる」と言ったものの、生活が立ちゆかない。市の職員から「じゃあ、障害年金の手続きをしてみる?」と聞かれ、受給申請した。

 結局、年金の障害等級で2級が認められ、障害基礎年金を受け取れるようになった。娘を扶養していたので加算もついた。「仕事もあまりできなかったし、ありがたかったです」と振り返る。

 2年前、次女が生まれた。しかし、窓口で次女への加算について聞いたところ、「年金をもらい始めた後に生まれた子については、年金制度では面倒を見られない」と説明された。吉川さんは釈然としない気持ちだ。

 昨春、長女は高校を卒業し、働き始めた。長女が対象だった加算は昨年3月でなくなった。吉川さんはそれまで、2級の障害基礎年金約79万円と子供の加算約23万円と合わせて102万円の年金を受け取っていたが、加算がなくなり、障害年金は約79万円になった。次女(2)の加算はつかないままだ。

 吉川さんは言う。「障害者になる前に生まれた子も障害者になった後に生まれた子も、がんばって育てていこうと思っている。同じ気持ちで育てていて同じようにお金もかかるのに、障害者になった後に生まれた子には加算がつかないなんて、まるで『障害者は子供を持ってはいけない』と言われている感じがします」

                   ◇

 ■来年4月の施行へ 数万人が加算対象

 現行制度では障害年金に「子の加算」がつくのは、障害基礎年金を受ける前から子供がいたケースだけだ。同様に「配偶者加給年金」がつくのは、障害厚生年金を受け取り始める前に結婚していたケースだけ。いずれも事後の出産や結婚に加算はつかない。

 このため、例えば生まれつき障害があった人が20歳で障害基礎年金を受け取り始めた場合、受給後に結婚して子供を産んでも子供は「子の加算」の対象にならず、障害者らから「不公平」との声が上がっていた。

 しかし、今国会で、結婚や誕生のタイミングを問わず、扶養する配偶者や子供がいる点に着目し、障害年金に加算をつけようという「国民年金法等改正案」が可決、成立した。

 厚生労働省は「年金制度は保険事故が起きたときの所得保障をするもので、受給後の状態変更については対応していない。これについて、受給権発生後の生活状況の変化にも所得保障を行ってほしいというご意見があり、議員立法で提案されたようだ」と解説する。

 一般に、年金制度では受給後に生じた条件変更による増額や加算は認められていない。例えば、老齢厚生年金の受給者には一定要件の配偶者がいると、“年金版扶養手当”として「加給年金」と「特別加算」が支給される。だが、老齢厚生年金を受け始めた後で結婚しても、「加給年金」と「特別加算」は支給されない。今回の法改正でもこの点に変更はない。改正になるのはあくまでも障害年金の加算のみだ。

 障害年金の受給者は平成20年度末に約182万3000人。厚労省は来年4月の施行を目指しており、法案成立で新たに数万人が加算対象になると見込んでいる。

                   ◇

【用語解説】障害年金

 障害年金は病気やけがで障害を負ったとき、障害の状態が一定程度に該当すると支給される。国民年金に加入していた人や20歳前に障害を負った人に支給されるのが障害基礎年金。厚生年金に加入していた人には障害厚生年金が上乗せされる。年金受給年齢になった後で生じた障害には障害年金は支給されない。

 障害年金を受けるには条件があり、(1)初診日に国民年金か厚生年金の被保険者であること(2)初診日の前々月までの被保険者期間のうち、3分の2以上の保険料納付済み期間がある(免除期間も含む)か、初診日の属する月の前々月までの直近1年間に保険料の未納期間がない(3)障害認定日に年金の障害等級表の1級または2級の障害の状態になっていること-などとなっている。

官房長官、移設説得へ徳之島乗り込みにも意欲(読売新聞)
情報公開法改正に着手=枝野行政刷新相が私案(時事通信)
犬の糞処理で口論、男性突き飛ばされ死亡 男を逮捕(産経新聞)
<犯罪被害者支援>施策知らぬ被害者ら多く 認知度調査で(毎日新聞)
「実現できるのか」米大統領発言、首相が否定(読売新聞)

名張毒ぶどう酒事件 農薬以外の証拠 弁護団が主張の方針(毎日新聞)

 最高裁が名古屋高裁に審理を差し戻した名張毒ぶどう酒事件で、奥西勝死刑囚(84)の弁護団の鈴木泉団長は16日、名古屋市内で開かれた支援者集会で、最高裁が決定で退けた証拠の正当性も差し戻し審で主張していく方針を明らかにした。

【昭和毎日】5人の女性が死亡 名張毒ぶどう酒事件とは

 最高裁決定は、弁護団が提出した新証拠のうち、ぶどう酒に混入された農薬は奥西死刑囚が混入したと自白した農薬ではないとの鑑定結果の証拠価値を認めた。しかし、奥西死刑囚以外にも農薬の混入機会があった▽ぶどう酒瓶の王冠は歯で開けられていない--など他の四つの証拠は「無罪を言い渡す明らかな証拠には当たらない」と退けた。鈴木団長は「総合的に無罪を立証しており、無罪を確実にするためにも(他の新証拠は)必要」と述べた。【沢田勇】

【関連ニュース】
名張毒ぶどう酒事件:惨劇の公民館すでに撤去
名張毒ぶどう酒事件:他の新証拠は否定 再審は再鑑定次第
名張毒ぶどう酒事件:差し戻しで奥西死刑囚「希望持てる」
名張毒ぶどう酒事件:「再審決定を」支援者が高検に要請
名張毒ぶどう酒事件:再審開始決定取り戻したい…弁護団長

<火山噴火>関空ローマ便が出発便再開へ(毎日新聞)
脱税指南、八木被告「違反の認識なかった」(読売新聞)
鶴岡八幡宮の大イチョウ、移植の幹から芽(読売新聞)
<JR福知山線脱線>歴代3社長、強制起訴前に聴取せず(毎日新聞)
<ヤマハ>特許権侵害で提訴 半導体メーカー「アクセル」(毎日新聞)

駐車場「優先席」362カ所 高齢者、妊婦ら対象(産経新聞)

 ■役所や病院周辺19日から全国導入

 警察庁は15日、高齢者や障害者、妊婦らを対象とした専用駐車区間を19日から全国で導入すると発表した。駐車時に必要な標章の申請も同日から全国の警察署で受け付ける。専用区間は官公庁や病院、金融機関などの近くに362カ所、計約1148台分設置する。

 専用区間を利用できるのは、自動車の運転免許保有者で、70歳以上の高齢者と身体や聴覚に障害がある人、妊娠中や出産後8週間以内の女性。標章の申請には免許証や車検証などが必要で、即日または2週間以内に交付される。

 専用区間は公共交通機関を使いにくく、車の利用頻度が高いとみられる場所を中心に選定された。愛知県が最多で99台分あり、新潟県96台分、北海道78台分と続く。東京都や岡山、徳島、福岡各県では無料の専用区間のほか、一部の時間制路上パーキングが専用区間として有料で使用できる。

 利用できるのは標章の申請者のみで、他人に貸与したり譲渡したりすると5万円以下の罰金。対象者以外が駐車した場合は違法駐車となり、通常の放置違反金に2千円が上乗せされる。

 ■70歳超運転手 3割増592万人

 高齢化社会の進展に伴い、増え続ける高齢ドライバー。警察庁は「安全に運転してもらうための支援が重大な課題」と位置付けており、専用駐車区間を今後増やす方向で検討している。

 警察庁によると、平成16年に約442万人だった70歳以上の運転免許保有者は、20年には約592万人となり、4年間で約34%も増えている。

 一方で、高齢者が車やバイクを運転中に起こす事故も増加。運転者側に原因がある交通死亡事故は昨年4395件あったが、うち70歳以上は640件に上り、全体の約14%を占めた。

 運転者の死亡事故全体が減少傾向にある中で、70歳以上の占める割合は上昇を続け、11年からの10年間でほぼ倍増している。

 ただ、公共交通機関が発達していない地域では、日常生活で車を運転する必要に迫られる高齢者は少なくない。

 警察庁は「官公庁や病院など、利用が多く見込まれる施設の周辺に、高齢者が安心して駐車できる環境を整備する必要がある」としている。

【関連記事】
都内の全路線バスにステッカー 車内事故防止、高齢者に喚起
“親から借金”してでも持ちたい? 子供のケータイ
マタニティーマーク 浸透まだ 妊婦半数「役立たない」
観光地「朗報」利用者「戸惑い」 高速上限料金制
「体内時計」の使い方 時間経過の感覚

「正義感強くまじめ」=海外取材何度も、15年超のベテラン-銃撃で死亡の村本さん(時事通信)
<桜植樹>南京に5年で千本達成 名古屋の民間グループ(毎日新聞)
本四連絡道の割高新料金、仙谷氏反発で火種に?(読売新聞)
高校生の就職内定率 宮城は低迷、60%台 1月末現在(河北新報)
井上ひさしさん密葬 「残念」「遺志継ぐ」(産経新聞)

平沼氏「民主党政権はこの国をダメにする」 新党旗揚げ会見(産経新聞)

 平沼赳夫、与謝野馨両氏らによる新党「たちあがれ日本」の旗揚げ記者会見が10日、東京都内のホテルで行われ、「打倒・民主党」や政界再編を目指すと宣言した。記者会見の詳報は次の通り。

 平沼赳夫代表「代表を務めさせていただきます平沼赳夫でございます。共同代表として与謝野馨先生にも参画をしていただき、発起人は6名で務めさせていただいている次第であります。私は当選するまでに2度落選をいたしました。落選中にも、今日発起人でお越し頂いている石原慎太郎先生には本当にお世話になった男であります。そして、3度目の正直で当選をさせていただいて、爾来、連続当選10回、衆院議員として30年の実績を積むことができた訳であります。この30年間に、いろいろな経験をさせていただきまいた。3年前は不覚にも脳梗塞という病に倒れまして、命も危ないといわれたような大病も体験をいたしました。しかし、現今の政治を見ておりまして、このまま行ったらわれわれの日本は本当に大丈夫なのか。だから、政治生命のすべてをかけて、ほかのことは考えずに、尊いこの日本のために汗をかいていかなければならない。こういう思いで立ち上がらさせていただきました」

「私は、今行われている民主党政権による政治というのは、この国をダメにしてしまうんじゃないか。先の総選挙も戦いましたけども、皆様方はマニフェスト(政権公約)ばかり見ているけれども、政策集、インデックス2009で、これは本当に売国的な法案が羅列をされておりまして、これを今、表面に出してきているわけであります。ですから、断じてわが日本のために、こういう野放図なことは許してはならない。自分の政治生命をかけて、同志の皆さん方と力を合わせて真剣にがんばっていきたい。それが、この日本を立ち上げる、『たちあがれ日本』の精神になると思っておりまして、これから壮年も若年も味方に引き入れて、そして国民の皆様方に、しっかりとお訴えして、がんばってまいりたいと思う次第であります。そういう思いをぜひご理解をいただきまして、今後ともよろしくお願いをいたします。ありがとうございました」

 与謝野馨共同代表「ご紹介賜りました与謝野馨でございます。平沼代表も非常に難しい病気を克服され、最後の仕事に臨もうとされておりますが、私も死を直面しながら生きてまいりまして、私もこの仕事を最後として自分の政治人生を終わりたいと思っております。議員としても30年間の議員生活をやってまいりました。内閣、党の要職も歴任をさせていただきました。私個人としては十分すぎるほどの政治生活であると思っております。しかし、今の政治の現状を容認することはできないわけでして、このまま放置しておくと、私たちの国、私たちの社会がどこに行ってしまうか分からない。日本が没落するかもしれないという危機感を持たなければならないと考えております」

「民主党には政治に対する哲学や思想はありません。自民党には野党として戦う十分な気力がありません。私どもは反民主として、非自民として、国民のために戦ってまいりたいと思っております。もちろん、今回の新党結成は、ここにおられる同僚議員もそうですが、政治人生のすべてをかけた最後の戦いであり、本当に命がけで戦い抜きたいと考えております。残された体力、気力、そして使命感をふり絞って新党成功のために身をささげたいと思っております。私たちの新党は資金力もありませんし、強力な支援団体もあるわけでもありません。しかし、良識ある国民の皆様方に必ずやご支持いただけると確信をしており、また、われわれも真実を国民に訴えながら戦ってまいりたいと考えております」

「門出に当たって中曽根康弘先生のご友人から詩を一編頂きました。その一部をご紹介申しあげます。サミュエル・ウルマンという詩人の詩でございます。この詩を頂いて、本当に心が奮い立つ思いで新党を出発させるわけであります。読みます」

「青春とは人生のある期間ではなく、心の持ち方をいう。青春とは怯懦(きょうだ)を退ける勇気、安易を振り捨てる冒険心を意味する。時には20歳の青年よりも60歳の人に青春があり、年を重ねただけで人は老いない。理想を失う時、初めて老いる。精神がシニシズムの雪に覆われ、悲嘆の氷に閉ざされる時、20歳であろうと人は老いる。頭を高く上げ、希望の波をとらえる限り、80歳であろうと人は青春にしてやむ」

「皆様方のご支援をお願い申し上げます」

【関連記事】
新党応援、憂国の石原知事「血が煮えたぎっている」
平沼氏「民主政策集は売国的な法案の羅列」
「時計の針戻さない」 首相、新党旗揚げに
平沼新党、3月に「たちあがる」はずだった?
「たちあがれ日本」結党 打倒民主で政界再編
「中国内陸部の資源事情とは…?」

不明の常岡さん、アフガン北部で監禁か(読売新聞)
民主・山岡氏「国会史上聞いたことがない」(産経新聞)
JR不採用の解決案、原告団側に提示(読売新聞)
<京都大>「自由をはき違えないで」 入学式で学長がクギ(毎日新聞)
<普天間移設>岡田外相、現行案を除外…米国防長官への説明(毎日新聞)

子供の車内置き去り 米では犯罪、逮捕も(産経新聞)

 米国では家や乗用車に子供だけを置いておくことへの対処が厳しく、州によっては車内に子供を残しただけで犯罪に問われる場合がある。

 市民団体「キッズ・アンド・カーズ」によると、子供の車内への置き去りを犯罪に規定しているのはカリフォルニアやイリノイ、フロリダ、ハワイなど10州以上にのぼり、最悪の場合、逮捕される。

 カリフォルニア州では、6歳以下の子供を置き去りにした場合、100ドル以下の罰金。テキサス州では7歳以下の子供を放置し、けがをする事態を引き起こした場合、子供を危険にさらした罪として、禁固6月から2年、罰金1万ドルが科される。

 米国に移り住んだ日本人は、このような米国の厳しい対処を知らないケースが多く、在米の大使館や総領事館は在米邦人向けに、しばしば説明や注意喚起を行っている。(ニューヨーク 松尾理也)

亀井氏「永田町ごっこだ」=与謝野氏らを批判(時事通信)
介護有資格者が競う全国大会、11月に開催(医療介護CBニュース)
弁護士名乗り「全財産送れ」3500万円詐欺(読売新聞)
警察官装い運転免許証詐取=45歳男逮捕、「50件やった」-警視庁(時事通信)
財政と国民生活「両立が課題」と首相=連合会長、現実的な参院選公約を(時事通信)
プロフィール

おおいすみおさん

Author:おおいすみおさん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。